HOME > 在宅医療相談室

横浜市泉区在宅医療相談室

多くの方が病気を抱えても住み慣れた生活の場で、自分らしい生活を続けたいと望んでいます。そのためには医療と介護の連携が必要になります。
横浜市泉区在宅医療相談室では、区民の皆様が安心して継続的な在宅医療・介護を受けることができるよう在宅医療支援のための取り組みを始めました。
介護支援専門員の資格を持つ看護師などが相談・支援を行うほか、在宅医療に関する普及啓発を行います。

在宅医療相談室

pdfでのご案内はこちらから

ご相談・お問合せ

どなたでもご利用いただけます。ご相談・お問い合わせは無料です。

電話: 045-382-9810
Fax: 045-382-9811
メール: soudan@izumiku-med.org
問合せフォーム
FAX問合せ

相談・支援について

関係機関・事業者等の方
●医療依存度の高い人が退院するが、療養の相談をしたい
●かかりつけ医がいない、往診可能な医師を探している
●専門職(歯科医、薬剤師等)の助言を仰ぎたい
●泉区内の在宅医療資源について情報が欲しい
●訪問看護や訪問リハビリの空き状況が知りたい
●かかりつけ医をサポートする医療機関を探したい
など
事業所検索
一般の方
●かかりつけ医を紹介してほしい
●往診してくれる医師を紹介してほしい
●介護方法や医療的な処置についての相談
●訪問看護や訪問リハビリを受けたい
●退院後、ご自宅での生活が不安なとき
など

医療連携・多職種連携

かかりつけ医が対応できない・かかりつけ医の専門外の診療が必要 在宅医のバックアップシステムの確保・強化
急変の際の受け入れ 在宅患者急変時の緊急一時入院に対応する病院との連携
在宅医療を担う診療所の医師を増やすための研修を企画・実施 かかりつけ医の在宅医療研修の企画実施
区内の医療・介護関係者による在宅療養連携上の課題や対応策の検討 多職種間での連携会議、事例検討会の開催

市民啓発

泉区在宅医療相談室では在宅医療に関する次のような普及啓発を行います。

在宅療養に関する情報発信
市民向け講演会の実施

相談室詳細

名称 横浜市泉区在宅医療相談室
連絡先 電話:045-382-9810 Fax:045-382-9811 メール:soudan@izumiku-med.org
所在地 〒245-0012 横浜市泉区中田北1-9-8
運営 一般社団法人横浜市泉区医師会
営業日・時間 月曜日から金曜日(祝日、12/29~1/3を除く) 午前9時~午後5時まで
体制 介護支援専門員の資格を有する看護師が常駐
主たる業務 ●相談、支援業務
●医療連携、多職種間連携業務
●市民啓発業務